メニュー

>レビュー>ドライブレコーダーを設置して何が起こった?

ドライブレコーダーを設置して何が起こった?

女性と車

この話題の口コミ

悪質運転者が煽らなくなりました。【60代/男性/定年後】

70歳を3年後に控えて、年齢のせいか判断力の衰えもあって若いころよりも運転がゆっくりしてきました。そのためか、若い人や急いでいる人はイライラするのか、煽り運転をされるようになりました。煽り運転といっても、クラクションならまだしも、幅寄せや蛇行運転をされるとたまったものではありません。ただでさえ、運転の能力が衰えているのに事故を招くようなことをされたら事故につながりかねません。妻と年金暮らしの身なので、事故を起こして損害賠償でもなったら大変です。そんなことを妻に話したらドライブレコーダーをつけることを勧められました。ドライブレコーダーについていた「ドライブレコーダー搭載車」のステッカーつけてからやはり警戒されるのでしょうか、悪質なドライバーによる煽り運転がなくなりました。夜間でも鮮明に撮影できますし、駐車中でも録画ができるので車に対する嫌がらせ行為も記録できるのはありがたいですね。万が一の事態が起きても、証拠の映像があるというのは本当に心強く、安心して運転できるようになりました。

偶然決定的な映像を撮ることができました!【40代/女性/会社員】

このところ近所では、車をパンクさせられる被害が続発していました。40代の共働き夫婦でお金にゆとりがあることもあり、外車に乗っているのでいつかは嫌がらせをされるのではと考え、夫がドライブレコーダーを購入して車に取り付けていました。ドライブレコーダーというと走行中の事故の記録をしてくれるイメージですが、駐車中の録画もできます。すると、取り付けてから数日後に、運悪くタイヤをパンクさせられてしまいました。夫が冷静にドライブレコーダーに録画された映像を再生したところ、近隣に住む女性が車に近づいて犯行に及んでいた様子をばっちりとらえていました。夜間であったのに関わらず、鮮明にその様子が映像として記録されていました。その映像は警察に提出し、この近隣に住む女性がこれまでのパンク被害の嫌がらせも認めたそうです。やはり、証拠を記録できるものがあるのは頼もしいですね。