HOME>特集>ドライブレコーダーを活用することで得られるメリットをご紹介!

ドライブレコーダーを活用することで得られるメリットをご紹介!

事故

深夜、一人で自動車を運転中、青信号の交差点を通過しようとすると、突然、横から車が突っ込んで来てぶつかった、なんていうシチュエーションは誰にでも起こりえる事です。そのような時、そっちが信号機を無視して交差点に進入してきた、と強面の男性が出てきて声高に主張して来たら、あなたはどうしますか。そのような態度に接するとこちらの見間違いだと勘違いして謝ったり、押しの強さに泣き寝入りしたりしてしまう方もいるかもしれません。このように目撃者がいない場合、自分に非がない事故であっても、こちら側に責任が転嫁してしまうケースは決してなくはありません。そのようなケースに備えてあると有効なのがドライブレコーダーです。相手の信号無視や無理な飛び出しなど、自分の車にドライブレコーダーが搭載されていれば、証拠映像として具体的な事故の状況を第三者に伝える事ができます。近年では交通事故の裁判において、ドライブレコーダーの映像や音声が証拠として認められるケースも増えて来ています。運転中の不測の事態に備え、自分の車にドライブレコーダーを搭載するのは確かな自衛手段となりえます。

ドライブレコーダーを搭載していれば、道に慣れない見知らぬ土地をドライブする時、予期せぬアクシデントが起こっても録画として残せるので安心です。家族や仲間たちとの揃っての休日のドライブも、ドライブレコーダーがあると別の楽しみを提供してくれます。海や野山の美しい車窓風景を録画しておけば、帰ってからもう一度、改めて見直す事ができます。感動した風景を見返したり、見落としていた風景を再確認できたりするので、盛り上がる事間違いなしです。GPS機能の付いたドライブレコーダーなら日時・速度情報を記録できたり、巡ってきたルートをマップ上に保存できたりします。オートバイに取り付けてドライブすると、まるでオートレースのような臨場感たっぷりの映像が撮影できます。地面すれすれのコーナーリングなど、迫力ある映像が撮影できるのはドライブレコーダーならではといえます。会心の映像が撮れたら動画サイトにアップしてみるのも楽しみ方の一つです。録画時間は2時間~6時間ほど保存でき、メモリーカード(SDカード、マイクロSDカード)を追加すれば保存時間を増やす事もできるので、長時間のドライブにも対応できます。

レディ